スバル・フォレスターAdvance(アドバンス)の実燃費は悪い?評価・口コミまとめ

新型

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

5代目フォレスターに新たにラインアップされたハイブリッド車のAdvance(アドバンス)。マイルドハイブリッドと呼ばれる「e-BOXER」の実力は?実際の燃費や評価をまとめてみました。

スポンサードリンク

スバル・フォレスターAdvance(アドバンス)の特徴

2018年6月にデビューした5代目となる新型フォレスターのラインアップは4グレード。2.5Lの水平対向エンジンを積む3グレード「Premium」「Touring」「X-BREAK」と、2.0Lのハイブリッド車、水平対向エンジンにモーターを組み合わせた(いわゆるマイルドハイブリッド)e-BOXER搭載の「Advance(アドバンス)」という構成です。

モーターが力強くアシストすることで、ガソリン車をしのぐ加速性能を実現しています。
そして、ハイブリッド車のAdvance(アドバンス)のみドライバーモニタリングシステムが装備されています。

さらに、X-MODEやアイサイトとも協調制御が行われ、悪路走破性や追従走行性を向上させています。

ちなみに今回ハイブリッド車がラインアップされたことで、初代モデルから設定されてい2000ccターボエンジンは廃止されています。

スポンサードリンク

フォレスターAdvance(アドバンス)の実燃費は悪い?

ハイブリッドと聞くとどうしても、ガソリン車とどれくらい燃費が違うのかが気になりますよね。今回新型フォレスターに搭載されたマイルドハイブリッドとよばれる「e-BOXER」の燃費は果たして良いのでしょうか?

まずは、カタログ数値をみてみましょう。

エンジン 2.5L DOHC 直噴 2.0L DOHC 直噴+モーター
(e-BOXER)
JC08モード 14.6km/L 18.6km/L
WLTCモード 13.2km/L 14.0km/L
市街地モード(WLTC-L) 9.6km/L 11.2km/L
郊外モード(WLTC-M) 14.6km/L 14.2km/L
高速道路モード(WLTC-H) 16.4km/L 16.0km/L

JC08モードではガソリン車14.6km/Lに対してAdvance(アドバンス)18.6km/Lとかなり差がありますね。

WLTCモードでは

市街地モード(WLTC-L)ガソリン車9.6km/Lに対してAdvance(アドバンス)11.2km/L
郊外モード(WLTC-M)ガソリン車14.6km/Lに対してAdvance(アドバンス)14.2km/L
高速道路モード(WLTC-H)ガソリン車16.4km/Lに対してAdvance(アドバンス)16.0km/L

市街地モードでは、ハイブリッドのメリットを感じられるものの、郊外モードではほぼ差がなく、高速モードではガソリン車のほうが燃費がいいのですね。

次に実際の試乗レポートや口コミ情報をまとめてみました。

 

■試乗レポート

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

一般道を大人しく走った区間(約30kmを3回)が12.2km/L、12.5km/L、夜間で14.0km/Lだった。一般道ではおおむね10km/L台と言っていいのでは。レギュラーガソリン仕様なのが嬉しい。

市街地・街乗り52.6kmを走行し、メーター上の燃費は14.1km/Lとなり、WLTCモード燃費を大きく超える結果となった。やはりモーターアシストの効果は大きいと言えるのではないだろうか?

郊外モード燃費は実際には28.7kmの走行で18.3km/Lとなり、ガソリンモデルの実燃費15.0km/Lを大きく上回る結果となった。

高速道路の費燃費は19.4km/Lと、高速道路モード燃費の16.0km/Lを上回る数値であり、ガソリンモデルのテスト結果の18.1km/Lも上回る結果となった。

 

試乗レポートでは以外にもカタログ値(WLTCモード)よりも、良い数値がでていますね。

■ユーザーの口コミ情報

実際に購入されたオーナーのレビューをまとめました。

2,000km走った時点で約13km/Lです。水平対向エンジン搭載車でSUVにそもそも燃費を求めるものではない、と考えていたので、予想通りの燃費です。

実燃費11.4くらい。ハイブリッドなので15以上は欲しかったが、レギュラーガソリンなので、文句は言うまい。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade4

Sモードだと、街乗りで燃費は10㎞/L前後かな。
Iモードは、街乗りで11キロ前後。

5回給油した時点で、平均燃費 約15km/L
(高速7割、一般道3割って感じです)

試乗レポートの評価にくらべると、総合的な燃費は悪いようですね。ユーザー口コミでは、12Km/L前後というところですね。これは街乗りの割合が多いことが要因として考えられます。

購入を検討してる方は、ご自分の利用シーンをイメージして参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

スバル・フォレスターAdvance(アドバンス)の評価・口コミのまとめ

燃費を含め新型フォレスターAdvance(アドバンス)は、評価はまずまずのようです。試乗の感想やユーザーレビューをまとめてみました。

今回試乗したe-BOXERの場合、市街地でのトルクフルな走り、ピックアップの良さは魅力的。市街地での燃費も、このe-BOXERなら10~12km/Lと悪くない。静粛性については、加速時にエンジン音が高まるのがマイナスポイントだが、巡行時なら静か。

 

室内の質感も高く、装備もよく、乗降性や積載性も優秀。実用的な中型SUVとして完成度は高い。

 

少なくとも今回試乗したアドバンスは全体的に実用性重視という印象で、例えば先代で言うところの「XT」(ターボ車)のような、ハンドリングも含めて高性能でスポーティな仕様も欲しくなる。心配しなくても追加される気はするが。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_3.html

ドライバーモニタリングシステムで気になったのは、走行中に居眠りや、わき見をしていないのに「居眠り注意」「わき見注意」と警告されることが度々あったこと。その際、オーディオの音が一瞬途切れることがあったのも気になった。

 

ステレオカメラを主センサーとし、いまだ世界トップクラスの運転支援機能を実現しているアイサイトについては高く評価したい反面、他メーカーがミリ波レーダーとカメラ併用でキャッチアップしてきた今、再び差別化できる進化が待たれるところ。

 

実際の走行シーンでもゼロ発進のモッサリ感は少なく、かといってモーターがアシストしていますよ感も少ない非常に自然なものだった。ただ、ブレーキペダルをリリースするときにペダルに引っかかり感があった点が気になった。

 

2.5リッターガソリンモデルと乗り比べても500ccの差はさほど感じないどころか、ゼロ発進でのトルク感はモーターのアシストが入る分だけe-BOXERモデルの方が良いように感じるほど。ただ、ブレーキのフィーリングは若干違和感を覚える部分もあったため、購入する際は乗り比べてみたほうがいいかもしれない。

全体に燃費に関する不満は少ないようです。そもそもSUVオーナーは燃費をそれほど気にしない方がおおいということもあるでしょうね。

ガソリンモデルの売れ筋Premiumとマイルドハイブリッド(e-BOXER)モデルのAdvanceの価格差は8万円ほどですが、Advanceは減税対象となるため、支払総額でいうとほとんど差はないので、悩みどころかもしれませんね。

口コミにもあるように、発進時のスムーズさやブレーキの感覚など個人のフィーリングの違いもありますので、できれば購入前には試乗して確かめておくことをお勧めします。

新型スバル・フォレスターが値引き金額からさらに50万円安くなる?

「新型スバル・フォレスターがほしいけど、予算オーバーだ。」
「値引きで安く買いたいけど・・・」
「休日に何軒もディーラーを回るのは面倒だ・・・」
「なんとか新車をお得に最安値で手に入れたい・・・」
「ディーラーの売り込みみイヤだし・・・」
など、スバル・フォレスターの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車が手に入るわけでもなですよね。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。




スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました